秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お通夜

沢渡で大祭前日に行われる前夜祭を「お通夜」と言います。
祭りを創作したと言われる片岡市五郎のお家で代々行われてきたのですが、
片岡家もやれる人がいなくなって、現在では集会所にて行われています。

お通夜では笛や太鼓などの鳴り物がそろい、
大人が幼いころの記憶をたどりたどり太刀踊りをしたり、
踊り棒を鳥毛に見立てて鳥毛ひねりを披露したり、
洋服の上からどてらを着て面をかぶり、
油売りの恰好で神楽を舞ったりします。
お通夜08-2

お通夜08

によど雑木団でもいつも参加させてもらって、
その晩は集会所に泊まり、翌朝、
沢渡組と一緒に岩屋神社に向かうのが恒例となっています。

毎回盃が飛び交い、とてもにぎやかで、
でもって、とても飲むし飲まされます(笑)。
いつもお酒のあまり強くない団長は大酔いですが、
今年はまた格別大酔いで、記憶がないのはいつものことながら、
ひとりで歩けずに抱えられて帰ったらしいです・・・(^^;)
皆さんには大変ご迷惑おかけいたしました~m(_ _)m

翌朝、みんなが笑顔で近寄ってきて「大丈夫?」と聞かれ、
かぁなり恥ずかしかったです・・・
残念なのは何を話したのか覚えてないところ。
きっといいお話いっぱい聞かせてもらったんだろうなぁ・・・

そんなこんなの楽しいお通夜。
いやがおうにも翌日の大祭に向けて気持ちが高ぶります。
スポンサーサイト

お宮参り

大祭前日の10日には、衣装合わせとお宮参り(リハーサル)が行われます。

霧之窪へ上がると、皆さんが幟(のぼり)や柳などの準備をしていました。
霧之窪準備08

子どもたちがバスで到着する前に時間があったので、
鳥毛の二人はちょっと練習。
霧之窪準備2

霧之窪準備3

それから中越家へ。本村組です。
本村お宮参り08

本村お宮参り08-2

それから沢渡の三島神社へ向かいましたが、神社はすでに終わったとのこと。
でも、道路での練りを見ることができました。
沢渡お宮参り08

沢渡お宮参り08-2

さぁ、あとは本番です!

コモノいろいろ

秋葉まつりには欠かせないものがいろいろありますが、
例えばこのしめ縄飾り。
しめ縄

お社をぐるーっと回って鳥居まで、
その長さなんと30m
地区の方が作っていらっしゃるそうです。
すごいなぁ・・・

今年も売れ行き絶好調、わらじのお守り
わらじのお守り

300個作ったうちの250個ほど売れたそうです。
1個作るのに約40分かかるそう。
40分×300個=200時間・・・
ああ、もう、幸三さんホンマにえらい!

そして今年の新顔、ミニかぶと。
本物そっくり、丸秋は純銀製です。
五月人形の代わりにいかがでしょう?
miniかぶと

お値段5万円。
でも材料費3万円。神社に寄進分1万円。
手間賃1万円・・・どう考えても赤字(笑)。
でもいいんですって、お祭りを応援したいから。
もちろん作成者は今年新しい兜(かぶと)を作ってくれた皆さん
まだ霧之窪組バージョンしかありませんが、
これから本村組や沢渡組のも作る予定だそうです。

秋葉まつりはこうやってたくさんの人に愛され、支えられています。

祭りを続けていくために

祭りを続けていくためには、もちろんお金がいります。
地区や関係者、信者さんたちの寄付はもちろん、
お祭りで販売している様々なものも、大きな支えになっています。

去年、ご紹介しましたわらじのお守り
今年も販売するそうです。
今年はなんと300個!
無償で作っているという幸三さんには頭が下がります。

さて、去年はご本人(沢渡の油売り)が売り歩いたのですが、
どうも小さいし売りにくい。
というわけで、今年は社務所限定販売!
もちろん売上は秋葉神社に入り、
秋葉まつり全体を支えるために大事に使われます。

秋葉神社祭礼練り保存会の大事な収入源である「お守りセット」の申込も
当日総合案内所の付近で受け付けているそうです。
写真集「練り」も売っていると思うので、こちらもぜひ!

油売りが売り歩くミニサイハラ
こちらは各練り奉納組(沢渡組、本村組、霧之窪組)
それぞれにひとりずつ油売りがいるので、
自分の組の収入になります。
毎年、皆さんがんばって売り切れを目指します。

その他、大型バス駐車場には今年も寄付箱が設置されます。
1円でも入れてくれている人がいることがありがたいと
去年も保存会の皆さんが大変感謝していました。
ぜひこちらもご協力ください。

神事であり、お金がどうこうではないと地区の人たちは言います。
だから、これは地区の人たちが言うのではありません。
よそ者の私たち、によど雑木団からのお願いです。
ご協力、よろしくお願いいたします。

によど雑木団・秋葉レポート 2

2日目。節分の日です。

この日は朝から行列の通る道のお掃除。
各組で分担して掃除をするのですが、
沢渡組の担当部分が一番やっかい。
というわけで、毎年沢渡組のお手伝いをしています。
場所は岩屋神社から先、車道を離れて小道に入りますが、
その小道を旧別枝中学校まで。
小道は祭りのときぐらいしか人が通らないので草ぼうぼう。
もちろん中学校も沢渡組の担当です。

総勢20人で刈払機で茂った雑草を刈り、
道にたまった落ち葉や小枝を掃き、落石を片づけます。
掃除08

それからここ3年は鳥毛を立てたまま通れるようにしたいということで、
道の両脇の広葉樹の枝打ちもしています。
毎年少しずつ枝打ちして、だんだん良くなりました。

11時ぐらいに道はすんで、それから中学校のグラウンドへ回りました。
ここは落ち葉が毎年たくさん。
竹ぼうきで掃き集めて燃やします。
今年は「みっちゃん」が強力ブロアを持ってきてくれて
とても助かりました。
しかも、これ、みっちゃんの差し入れ!
もち

うまかったです!森山地区のグループの手作り。
お茶はもちろん沢渡産。

さてさて、お掃除が終わったところで本村組の切り飾りへ。
毎年、沢渡組と霧之窪組は早く終わるので、
本村組だけ手伝いに行きました。
切り飾り08-4

切り飾り08-5

最初は踊り棒の房切り、次はミニサイハラの紙巻き、
それから新調した紋付き袴のしつけ糸取り。
以下、房切りに没頭する面々・・・(笑)。
切り飾り08-1

切り飾り08-2


切り飾り08-3

えっと、約一名没頭していない人がいましたね(^^;)

それも3時半ごろには終わってなおらい(慰労会)開始!
本村組で1時間ほど楽しく飲んだ後、霧之窪組へ向かいました。

ここがまたすごいことに・・・
まず、カッパが登場。なぜかメガネをかけています(爆笑)。
歯がいいです!
カッパ

油売りさん、上機嫌で神楽を舞い始めました(笑)。
油売り?

しかし、そのうちなぜか悪魔がかぶるシャグマが出てきて・・・
シャグマ1

この日一番よく撮れた写真です。
撮れた瞬間、団長、崩れ落ちました!!!(大爆笑)
シャグマ2

これに気をよくした(!?)カッパ氏は止まらなくなってしまいました・・・
団長、神楽でかぶり慣れてますんで、余裕です?
シャグマ3

N村さん、かなり嫌がってますね~
シャグマ4

この人が一番幸せそうですよ、Kいさん(爆笑)。
シャグマ5

あれ、キヨエがおらん。しまった・・・

で、このあと沢渡組へも。
もう行った時間が遅くてお開き寸前でしたが、
とりあえずごあいさつまで。
沢渡の皆さんはまたお通夜(前夜祭)でゆっくり飲みましょう!

さぁて、お次は、6日の座談会レポートです。
お楽しみに~♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。