秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都の紅葉

都の紅葉

【写真:都の紅葉】

 満喫ツアーに出かけた皆さんが鳥形山森林植物公園に上がったあと、ひとり都地区の紅葉を見に出かけました。別枝の皆さんが「今が一番きれい」と言うので・・・
 都地区は太鼓踊りが有名な、平家落人伝説の残る地です。安徳天皇の御陵もあります。今は住人もわずかになり、静かな集落となりましたが、道沿いに植えられたもみじは色鮮やかに出迎えてくれました。


スポンサーサイト

岩屋川渓谷と田舎料理満喫ツアー報告

ツアーの様子

【写真:(左上から時計回りに)準備をする別枝の女性たち 最近さらに売れ行き好調の「いりもち」 土佐ならではの「イタドリ」(山菜) アメゴ(アマゴ)の塩焼き】

 11日は時折小雨の降る天気でしたが、幸いにも大雨にはならず、満喫ツアーも無事予定通りのコースで実施することができました!
 私は秋葉生活改善グループの女性陣のお手伝いをしていました。なんと皆さん朝4時から準備!!すごいです。

 イタドリ(この青さ!)やゼンマイの炊いたもの、よもぎとサツマイモの天ぷら、田楽、アメゴ(別枝で養殖しています)の塩焼き、ジャガイモの煮っ転がし、大根の煮染め、厚揚げと椎茸の炊いたもの、大根とニンジンの酢の物、豆腐の梅酢漬け、こんにゃくの白和え、野菜たっぷりの豚汁(味噌も自前)、ごはんもの3種(炊き込み、山菜ちらし、小キビ飯)。そして欠かせない、いりもち。のどを潤すお茶も手づくりの釜炒り茶。
 どれもおいしくて、皆さん次から次へと口へ運んでいました!

 ツアーの参加者さんたちが鳥形山へ出発すると、やっと女性陣は残り物でお昼ごはん。午前中はどことなくピリピリしていた皆さんの、ホッとした笑顔が印象的でした。
 「春もやってほしいって言うてたねぇ」「まっことやったらえいかもしれんねぇ」そんな言葉の端々に充実感がただよっていました。皆さん、朝早くからお疲れさまでした!

 いりもちは今週末、仁淀川町森地区で行われる農林まつりでも販売されます。紅葉のドライブついでにぜひお買い求めください。

岩屋川の紅葉

春日神社の紅葉

【写真:芋生野の春日神社の紅葉】

 今日は久しぶりに別枝に行ってきました。数日前からの冷え込みで、例年よりは遅いものの、だいぶ岩屋川渓谷も色づいてきました。
 今は写真の春日神社や、別枝の奥の都地区の紅葉が見頃となっています。岩屋川下流は来週末がよいかもしれません。


いりもちを食べに行こう!

岩屋・秋

【写真:秋の岩屋川渓谷】

 日曜日に秋葉生活改善グループ代表の掛水敏子さんと電話でお話ししました。11日の秋季大祭では、やはりいりもちを販売するそうです。ほか、高知市で毎年開催されている「ふるさとまつり」にも参加する予定だそうです。
 11日の秋季大祭では、今まで販売などはしていなかったのですが、今年は頼まれて売ることにしたそうです。私は11日は平日で行けそうにないので、10日の夕方、仕事帰りに別枝に寄って、いりもちを売っていただけるようにお願いしました!こういう機会がないと、普段は作っていないので、地元にいてもなかなか手に入りません。
 それから、毎年開催されている「ふるさとまつり」にも参加の予定だそうです。このイベントは、県内の各市町村がテントを出して特産品を販売するもので、県内各地の特産品が一度に手に入ることもあり、毎年盛況の恒例イベントです。

「フェスティバル土佐 第35回 ふるさとまつり」
平成18年10月20日(金)~22日(日)
みどりの広場(高知市山内神社裏・鏡川河原)

 なお、昨年は台風で道路が崩れた等の理由で中止となった、こちらも毎年恒例の「岩屋川渓谷と田舎料理満喫ツアー」も今年は行われるそうです!岩屋川の美しい紅葉と、秋葉生活改善グループのおいしい田舎料理を味わいに来ませんか?正真正銘焼きたてのいりもちも食べられますよ!!11月11日(土)を予定しています。詳細はまた情報入り次第、このブログでもご紹介しますので、お楽しみに!!

都の太鼓踊り

都の太鼓踊り

【写真:都の太鼓踊り・役場HPより】

 10月13日に、別枝の都地区では「太鼓踊り」が奉納されます。これは源平合戦・壇ノ浦の戦いで敗れた平家の落人が、安徳天皇を伴ってこの地に逃れ、安徳天皇は亡くなるまでここで過ごした、という言い伝えから、安徳天皇の命日(旧暦の8月22日)にその御霊をお慰めするため、御陵墓(と伝えられる場所)の前で太鼓踊りを奉納するものです。もう数百年続いているそうです。地名の「都」もこの言い伝えからきています。
 都地区は過疎化が著しく、元は25世帯であったものが、現在では3世帯6人しか住人がいません。存続が非常に危機的な状況ですが、それでも何とかこの日には地区外に出て行った人たちが集まって、太鼓踊りを続けています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。