秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉まつりとこのブログ

<秋葉まつりの由来>

秋葉神社は、火産霊命(ほぶすなのみこと)を祀り防火の信仰があります。
平家の落武者佐藤清岩が遠州秋葉山から勧請して岩屋で祀り、
次に法泉寺、関所番市川家で祀った後、寛政六年(1794)ご祭神が
市川家から現在の秋葉神社にご遷座しました。
その際、毎年、ゆかりのある岩屋神社、市川家、法泉寺、
中越家にご神幸を決定しました。

本来、旧暦の1月18日が御祭神日でしたが
現在は2月11日(建国記念日)が秋葉祭りです。
神輿つき役者70人、本村、霧之窪、沢渡の三集落から
ホラ貝を響かせて集まってきた役者84人、役員その他で総勢200人になります。
この中には祭りの花形鳥毛ひねりや、中太刀、小太刀
その他のはなやかないでたちの若者がいます。
それらが先払いの鼻高面(天狗面)を先頭に、
笛、太鼓、鉦(かね)、手拍子のお囃子で3キロの山径を早朝から夕方にかけて
ゆっくりと練り歩く土佐三大祭りの一つです。

(仁淀川町役場HPより、一部加筆)


<秋葉まつりの舞台>

秋葉まつりの舞台は高知県吾川郡仁淀川町(旧仁淀村)の別枝地区です。
清流仁淀川の上流、愛媛県との県境となる四国山地のど真ん中にあります。
ふだんはひっそりと静かな山里ですが、秋葉まつりの大祭の日は
1万人とも2万人とも言われる観客が押し寄せます。
全国各地の有名なお祭りとは比較にならない人数ではありますが、
この寒空の山奥によくもまぁこれだけの人が、と驚く人数です。
駐車スペースもほとんどないため、2車線道路を片側駐車スペースにしたり、
役場職員総出、警察も出て交通整理を行いますが、追いつかず、いつも大渋滞。
それでも急傾斜で見上げるような地形、その斜面に植えられた茶畑、
茶畑の中を縫うように続く細道・・・
この景色を一目見れば、秋葉まつりはやっぱり別枝でなくては、と思います。
見る方も大変ですが、それだけの価値あり!ぜひ皆さまお越しください。


<このブログについて>

さて、今年も秋葉まつりが無事終了しました。

昨年、秋葉まつりは「ダイドー日本の祭り2006」に選ばれました。
その中にある特派員ブログを、秋葉神社祭礼練り保存会より依頼され、
1年を通して秋葉まつりと秋葉まつりの里「仁淀川町別枝」を紹介してきました。
この特派員ブログは2007年1月14日をもって終了しました。

その後、準備や練習を見に行く折々に、
いろんな人にブログを惜しんでいただき、復刻することにしました。
しばらくは昨年1年間アップしてきたことを少しずつ復刻していきます。
それが終了したら、昨年ほど細かくは書けないと思いますが
(書くつもりがなかったので写真もあまりなく・・・(^^;)
今年のお祭りの様子も書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

**によど雑木団自己紹介**
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。