秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶畑を引き継ぐ

茶摘み(茶試)

【写真:茶摘みの様子(高知県農業技術センター茶業試験場)】

 過疎化高齢化で秋葉まつりも年々厳しくなっていますが、お茶の生産も厳しくなりつつあります。

 平成14年に高知新聞では仁淀川流域の特集をしました。人々の思い、厳しい現実、夢・・・ その中で別枝沢渡のお茶も取り上げられました。(仁淀川 夏へ -4-)記事に出てくる岸本宝栄さんは、今年沢渡組の鳥毛を務めた岸本憲明くんのおじいさんです。
 岸本さんは今年も新しいチャの木を植えました。まだまだお元気。いろいろ大変なこともありますが、お茶に対する情熱は秋葉まつり同様、変わっていません。

スポンサーサイト

仁淀のお茶はこちらから!

土佐みどり

【写真:JAコスモスが販売する仁淀のお茶】

 お茶はやはり静岡が有名で、茶市場や茶商も静岡に集中しています。おいしい仁淀茶もこれまでは大半がブレンドされて「静岡茶」として販売されてきました。では、そのおいしい仁淀茶はどこで手に入るのかというと・・・

 まず、JAコスモスは楽天でネット販売。そして仁淀川ネットでは、秋葉まつりの練り奉納組「沢渡組」で今年は世話役も務めた谷脇洋輔さん「三谷製茶」謹製のお茶をネット販売しています。

 どちらも店頭で同価格で販売されているものと比べたら格段の差!どうぞ一度お試しください!
 ちなみにJAコスモスもしくはJAコスモス経営のAコープ、仁淀川町観光センターなど、地域内の各販売店でも手に入れることができます。直接電話しても送ってくれると思いますよ!

茶摘みの始まり

茶の様子1

【写真:一番茶の様子】

 別枝沢渡地区では、昨日から手摘みによる茶摘みが始まったようです。この時期は山菜の時期でもあり、山里は忙しい季節の到来です。
 特にお茶は1日置くと収穫期を逸するぐらい摘み時が限られているので、今だ、となればこぞって朝から夕まで茶摘みになります。
 一方、摘まれたお茶は農協や個人が経営する茶工場へ持ち込まれます。お茶は鮮度が命。時間がたってしおれてくると、格段に味が落ちますので、摘んだあとは涼しい、風通しのよいところに保管し、その日の打ちに製茶するのが基本です。というわけで、お茶の葉はお昼頃から夕方にかけて持ち込まれるので、製茶作業は必然的に夜通しとなります。
 とにかく茶畑の多いこのあたりでは、お茶の芽が伸びてくるこの季節は、どこもきれいな黄緑色に包まれます。山の新緑とあいまって何とも言えません。茶摘みのイベントもあるようですので、ぜひゴールデンウィークは仁淀川町へ!


芽吹きの季節です!

4月2日の茶

【写真:2006年4月2日 沢渡の茶畑】

 上質茶の産地として知る人ぞ知る高知県。その中でも仁淀川町は県内一の産地です。そしてその仁淀川町の中でも一目置かれているのが、秋葉まつり練り奉納組のひとつである、別枝沢渡です。
 沢渡地区は秋葉まつりもあってか、結束力が強く、かなり以前から生産組合を立ち上げ、茶農家が一丸となって良質茶の生産に取り組んでいます。
 4月に入っての低温続きでお茶の生育も遅れていますが、このところ茶畑が毎日鮮やかな緑を増してきています!今月後半には茶摘み期を迎えそうです。


しだれ桜、売ります!

しだれ桜苗の販売

【写真:しだれ桜の苗と看板】

 中越家、市川家両家のしだれ桜の苗を、市川忠行さんが販売しています。
 正確には何という品種なのか私にもわかりませんが、中越家が樹齢200年、市川家の前しだれ桜(枯死)がもっと古いとすれば、かなり昔から別枝地区になったものだと思われます。そのしだれ桜を市川さんが増やして販売しています。
 このしだれ桜は中越家を見ればわかるように、樹齢が長く、大きくなるのが特徴。特に初期の成長がよく、市川家は樹齢50年程度というから驚きです。というわけで、購入される方はよくよく植えるところを考えないと、あとで大変なことに(笑)。
 植えるのに適した場所さえあれば、枝ぶりがよく、濃いピンクの桜は誰からも愛される名木となるでしょう。
 ちなみに写真にある苗は1本4000円~4500円でした。購入希望の方は市川さんまで。

沢渡集会所の桜

沢渡の桜

【写真:沢渡集会所の桜】

 秋葉まつりでは沢渡組のならし(練習)の場所でもある旧沢渡小学校跡の桜も満開を迎えました。
 沢渡小学校跡は現在は集会所と農協の茶工場となっています。学校はなくなっても、当時の在校生たちが植えた桜は健在で、毎年春には美しい花を咲かせてくれます。
 正月明けからは沢渡組のならし(練習)の場所となっています。人気のないこの場所も、その一時だけは子どもたちの声が響き、息を吹き返します。


中越家、あともう少し

中越家しだれ桜

【写真:中越家のしだれ桜】
 土曜日に中越家のしだれ桜を見に行ってきました。ここのところの冷え込みで開花が遅れており、4分咲きといったところでした。中越さんによると、あと2~3日後が見頃ではないかとのことでした。
 市川家は逆にこの冷え込みでまだ満開の状態を保っていました。でも今日の雨で散ってしまったかも・・・大渡ダムの桜もまさに満開でした。別枝、ダム湖畔ともたくさんの人でにぎわっていました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。