秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番茶、そろそろ終了

青空

【写真:仁淀の青空】

 お茶が終わるとしばらく別枝も静かになります。
 それでもお茶農家さんはこれからもしばらく大変。摘んだあとのお茶の木を刈りそろえたり、雑草対策をしたり、肥料をやったり、さらには気温が高くなるとどうしても病害虫が増えるので、農薬散布もしないといけません。

 そうこうしていると2番茶の季節。秋口まで忙しい毎日が続きます。

 さて、別枝が静かになるとブログもちょっとひと休み。たまには別枝を訪ねて記事を投稿しますので、気長にお待ちくださいね。

スポンサーサイト

今年のお茶

茶の様子2

【写真:一番茶の様子】

 今年は冬が寒く、また4月に入ってからも気温が低かったため、お茶の収量はだいぶ少ないようです。それでもゴールデンウィーク中は天気に恵まれ、最終日の7日こそ雨になったものの、どこの茶農家でも割と順調に茶摘みがすんだのではないでしょうか。ただ、芽の伸びが悪かったので、芽が小さいうちに摘まざるを得なかったところも多く、沢渡の茶工場の話では、刈り番(こちらでは親子とも呼びます)と呼ばれる摘み残した遅れ芽の再摘採も増えそうだとのことでした。
 今年は摘採時期を逸して伸びすぎてしまったところはほとんどないと思うので、例年より上質の茶ができたと思います。皆さん、ぜひ仁淀の今年の新茶をお試しください!

お茶摘み見学に行ってきました!

茶摘み(沢渡)

【写真:茶摘みの様子(沢渡)】

 29日はあまり天気がよくありませんでしたが、沢渡ではあちこちで茶の摘採機の音が響いていました。
 秋葉まつりでお世話になっている秋葉神社祭礼練り保存会の会長さんや、沢渡組の世話役さんらもお茶摘みで忙しくしていました。
 この日はあいにくの天気で、朝摘み始めたとたん雨が本降りに。「団長さんが雨をつれてきたんか!」と皆さんに言われてしまいました・・・。それでも雨はすぐに上がり、茶の葉が乾いた午後からはまた一斉にお茶摘みが始まり、夕方まで摘んだあとはお疲れさん会。「みんなが集まったら秋葉の話をせんことはない」のお言葉通り、皆さん茶のことはもちろん、秋葉まつりの話でも盛り上がっていました。

 普段は静かな別枝も、地区外へ出て行ったたくさんの人たちが祭りのとき同様に帰ってきて、にぎやかな週末でした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。