秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶づくり

私事で恐縮ですが、6月22日に茶業試験場で紅茶づくりをしました。
茶業試験場で紅茶が作られていたのは昭和42年頃までらしく、
なんと、約40年ぶり!
もちろん誰も作ったことも見たこともありません。

というわけで・・・仁淀でお茶と言えばこの人!
沢渡の谷脇洋輔さんに来ていただきました!!
(というわけで、別枝にほとんど関係ないのにこのブログに掲載・笑)
洋輔さんは紅茶生産していた時代も緑茶担当だったらしく、
あまり詳しくないとのことでしたが、
見たことすらない私たちにとっては大先生!!

茶業試験場の天井裏から出てきたという「萎凋布(いちょうふ?)」を張り直し、
前日に茶摘みをした茶葉を一晩寝かせます。
萎凋布

萎凋した葉はこのように布から取り出します。
萎凋布2

次に煎茶用の揉捻機(じゅうねんき)に入れ、
重しをかけたり外したりしながら揉むこと50分。
今度はこれをふるいにかけます。
洋輔さん、指導に来てもらったはずなのに、労働しにきたみたい・・・(笑)
すみませんでした。ふるいの苦手な私の救世主(^^)
篩作業

ふるいの下に落ちたものはそのまま、
上に残ったものは再度揉捻機で40分揉みます。

それから次はこれ!こちらも40年ぶり?に登場!
「紅茶チョッパー」をいう札がついていました・・・
茶葉を細かく刻む機械です。これがないと包丁で切るはめに・・・
ありがたや~
紅茶チョッパー

刻んだ葉は濡らしたさらしをかけて1時間以上寝かせて発酵させます。
その後、乾燥させればできあがり!
紅茶

確かに、匂いも見た目も、紅茶だ!!(じゃないと困りますけど)

ちなみに今回教本にしたのはこれ。
教本

見えます? 1962の年号・・・(笑)
洋輔さんも興味津々で読みふけっていました。

あとはしばらく寝かせて完全に発酵させ、味を落ち着かせます。
本当のできあがりは秋。どんな味になるか、楽しみです。

洋輔さん、朝早くから夕方遅くまで、ありがとうございました!
スポンサーサイト

間伐作業

報告が遅れましたが、によど雑木団では、
6月16日に別枝沢渡で間伐作業を行いました。
ちょっとしたヒノキ林で、一日で作業を終えましたが、
その向かいにある三島神社の所有林(旧沢渡小学校学校林、実質地区所有林)も
やってほしいとの話もあり、秋以降実施の予定です。
でも中に電話線が通ってて・・・難易度高です。

こうした間伐作業も秋葉まつりを通じてのつながりあってこそ。
まつりの時期以外も別枝通いになりそうです。

水のふるさとフェスティバル

昨日、高知市の中央公園で、「水のふるさとフェスティバル」が開かれました。
毎年、高知市水道局が開催しています。
高知市は吉野川、鏡川、仁淀川の3つの河川から取水している関係から、
水源地域として旧仁淀村も特産品販売を毎年行っています。

今年は渇水だけに雨乞いイベントになってしまったのか、あいにくの雨模様でした。
それでも水てっぽうやうなぎのつかみ取りなど、子どもが楽しめる内容で、
たくさんの家族連れが訪れていました。

さて、仁淀の店舗をのぞいてみると…
秋葉生活改善グループと仁淀総合支所の皆さんが大忙し。
水フェス


おいしい山菜ちらし寿司、いりもちも、もちろん!
水フェス2


雨でやや涼しかったのもあって、田楽も好評でした。
新ジャガと豆腐とコンニャク。味噌は掛水さんの手作り麦みそ。
水フェス3


イベントは4時までだったのですが、3時過ぎにはほぼ完売。
お疲れさまでした!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。