秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統文化子ども教室

昨日、仁淀川町森の別府小学校体育館で、
伝統文化子ども教室「みんなで学ぶ秋葉まつり」の発表会がありました。
秋葉まつりには別府小学校の全男子児童が
踊り子として参加している訳なのですが、
自分たちが参加している秋葉まつりのことを
参加できない女の子たちも一緒になって勉強しようということで
何回かやったあとの発表会だったようです。
(すみません、背景があいまいで・・・)

まずは着付けから。
まつり本番の朝はすごく慌ただしくて、
それこそ集会所内に部外者がいたら邪魔なだけ。
いつも窓からのぞく着付けの様子をじっくり見させていただきました。

最初はお化粧。
お母さんたちが自前の化粧道具を持ってあれこれと。
kodomo1

↑化粧をめったにしない自分としては、いつか母親になって
こんな場面に遭遇したら困るなぁとアホなことを考えていました(^^;)

後ろにはきれいに衣装が並んでいます。
kodomo02

お次はほっぺにはんこ。このはんこがかわいいんですよね(^^)
kodomo03

そしてお父さん、お兄さんらの若いしにバトンタッチ。
kodomo04

こちらは中太刀の面々。
kodomo05

小太刀は早くも仕上げの段階。袴をはかせてもらっています。
kodomo06

はい、中太刀も袴まで行きました。
kodomo07

袴がはけたら、今度は上に着ていた黒の着物をぬぎます。
これを「ぬきだれ」というのだそうです。
腰からたれた着物の袖の丸秋マークがばっちり見えます。
kodomo08

それから腕抜きをします。これは神楽でも使うので団長もおなじみ(^^)
kodomo09

えーっと、これは名前なんだったかな・・・(誰か教えて)
帯状の布を首から脇の下を通して締めます。
kodomo10

後ろもしっかり整えます。
kodomo11

はい、ほぼ完成です。
kodomo12

私、これ、知らなかったんですよねぇ~
後ろに垂らしている布、ひとつひとつ針と糸で縫い付けるんです。
これはお母さんたちの役目。
kodomo13

そしてカブトをかぶって完成!!
見に来てくださった皆さんに練りを披露します。
kodomo14

ベテラン鳴り物組(^^)
kodomo15

なかなかそろってますよ(^^)
kodomo16

練りがひと通り終わったところで、今度は巫女さんの舞です。
練りが秋葉神社に到着するまで、秋葉神社でこの舞を奉納しています。
kodomo17

赤い着物がかわいらしく、静々舞う姿がとてもよかったです。
kodomo18

「榊の舞」と「鈴の舞」があり、鈴の舞では扇も使って舞います。
kodomo19

秋葉まつりのときに練りについて行く人たちは決して見られない巫女の舞。
この日はちゃんと見れてよかったのでは。

最後に踊り子たちによる太刀踊り。
声もよく出ていて元気に踊りました!
kodomo20

最後は踊り棒をばっさり(笑)。
お年寄りからは歓声も上がっていましたよ(^^)
みんなぁ踊り棒を抱えてうれしそうに帰って行きました。

テレビ取材も来ていて、なかなか盛況でした(^^)
スポンサーサイト

2周年記念

昨日の晩は森(旧仁淀村の中心部)で飲んでいました。
ikorikai

は~い、誰がいるでしょう??
ブレブレならではの謎解き(笑)。

鳥毛さんが5人。
悪魔さんが1人。
大石家孫娘さんが2人。
みんなぁをとりまとめる姉さんが1人。
はい、もうひとりは団長です(笑)。

秋葉まつりをきっかけに始まった○○り会。
みんなぁ仲がよくって、時には若者らしくはじけたり楽しくやっています。
2周年だったのですが、会の初めから考えると、
2人が結婚して、2人の娘ができて、
ひと家族が仁淀へ引っ越してきて、
気がつけばかわいい女の子が3人、奥さんも入って
男より女が多い(笑)。
過疎化高齢化で若者はどんどん少なくなっているわけですが、
少なくても仲良く楽しくやってますよ(^^)

市川家 見頃

土曜日は桜を見に行っていました。
市川家のしだれ桜、ただいま見頃です!
ichikawa08-02

相変わらずきれいです。
ichikawa08-03

入れ替わり立ち替わり、人が訪れていました(^^)

市川家が見頃と言うことは、中越家は当然まだまだ。
nakagoshi08-01

それでもたくさんの人が来ていました。
この日は中越家を会場に結婚式があったそうです。
いいお天気だったし、さぞかし絵になる結婚式だったでしょうねぇ。
テレビ取材も来ていたようですよ。
桜が咲いていなくて残念でしたが、市川家で写真を撮ったりしたようです。
nakagoshi08-02

遠目で見ると真っ赤になっています。
来週末あたりがよいかも(^0^)

秋葉神社のしだれ桜もまだまだです。
akibajinnjya08-01

akibajinnjya08-02

大規模林道沿いのソメイヨシノもまだまだつぼみが固く・・・
なにせ、まだ梅の花が散り切っていませんでしたから(^^;)
やっぱし冷やい(笑)。

帰りに芋生野の加工所へ寄ってきました。
秋葉生活改善グループの皆さんが一生懸命いりもちを作っていました。
田楽や炊き込みご飯なども販売予定だそうです。
これから大忙しですねぇ。
私も6日(日)は朝から助っ人に行きます。
いいお天気になりますように!

市川家のしだれ桜 3部咲き

地域づくり座談会に行く途中で市川家に立ち寄りました。
もう真っ暗でしたけど(笑)。

ichikawa08-01

こんな感じです。
ちょっと昨日から冷え込んでいますが、週末はまぁまぁ良さそうです。
土曜日に見に行ってこようと思います(^^)

ちなみに、大渡ダム湖畔、桜並木が続く国道対岸の道は
徳光谷付近で法面崩壊があり、現在通行止めだそうです。
残念!!!!

別枝地域づくり座談会 6

昨夜は地域づくり座談会の最終会でした。
会長さんも無事決まって、会の名前も決まって、
いよいよスタートです!

会の名前は『 秋葉まつりの里を元気にする会 えんこ巌 』。
別枝中学校のシンボル、えんこう岩にあやかって付いた名前です。
中学校の卒業生を中心に活動を広げていく予定です。

そしてもちろん、会の目標は宿泊施設!
建てるまで、がんばるぞ!建ったらもっとがんばるぞ!(笑)

会のパンフレットは座談会打ち上げの13日にできあがってくるそうです。
楽しみだ~(^^)

会長は中越伊勢夫さん。
大阪で30数年暮らしたけれども、いつか別枝に帰りたい、
最後は別枝で死にたい、寂しくなっていく別枝を何とかしたい。
30数年、大阪で思い続けて帰ってきたそうです。
そんな伊勢夫さんについて行かない人がいるでしょうか。
会長の熱いあいさつで早くも会はがっちりスクラムを組みました。

高知市の花屋さんに勤めて20数年。
別枝に残してきたお母さんの手伝いをするために帰ってきました。
毎日別枝暮らしを心底楽しんでいるケイコさん。
「ずーっと帰ってきたいと思いよった。離婚してでも帰ってくるつもりやった。
でも、だんなが付いてきた(笑)。」

どうして別枝出身の人たちはこんなに別枝に愛情を持っているのでしょうか。
本当はどこもみんなそうなんでしょうか。
私は根無し草だから、すごくうらやましい。

会が始まってみんなぁ変わった気がします。
さっそく、今までこちらから連絡しないと決して連絡をくれなかった(笑)
秋葉生活改善グループから電話があり、しだれ桜の売店を手伝ってと
言われたときには、驚いて、そしてとてもうれしかったです。

根無し草がいつかこの地に根を張ることができますように。

花咲く季節

役場のHPに桜開花情報が掲載され始めました。
もうすぐですねぇ!
見頃は4月入ってからになりそうです。
ちなみに大崎のソメイヨシノは金曜日に開花しました。

交流会の申し込みもチラホラ頂いています。
ありがとうございます。
まだまだ「あの人は来んかなぁ」「この人はどうやお」とお顔が浮かびます。
お誘い合わせの上、ぜひぜひ(^^)
今年の祭りの写真、焼き増しができました。
持って行きますので、参加者の方はお楽しみに。

明後日26日は別枝地域づくり座談会最終会です。
いよいよこれで秋葉の里を元気にする会がスタートします。
この会に別枝の将来がかかっているのだと思うと気が引き締まります。
私が別枝に関わることになったのが2002年。
あのときはあきらめムードが漂い、私の力量不足もあって
セルを回してもエンジンに火をつけることができませんでした。
あれから6年。
ここまで会が盛り上がってきて、ついにスタート地点まで来たのだ、
と思うと感無量です。
茶同様、全力投球で応援していきたいと思います。

第2回秋葉まつり交流会のお誘い

今年も秋葉まつり関係者の皆さんを招いて、交流会を行いたいと思っています。
昨年の様子はこのブログから
なかなか楽しかったです。
ぜひ、去年参加した方も、参加しなかった方もおいでください!

第2回 秋葉まつり交流会

日 時:4月5日(土) 19:00~
場 所:幸楽(仁淀川町森)
参加費:5,000円
     すみません、皆さんようけ飲むもんでちょっとお高くなってます(笑)。
     お子さんもぜひ。お安くします。
     飲まんき安うして、というご相談もOKです。
主 催:によど雑木団
申 込:niyodo-zatsukidan@mail.goo.ne.jpまで

当日の飛び入り参加も大歓迎ですが、参加してくださる方は
予約の都合上、なるべく25日までにお申し込みください。
このブログを見てない方や連絡が回ってない方もいると思いますので、
ぜひ周りの人も誘いおうて来てくださいね(^^)
裏方専門の方、女性陣、保護者の方も遠慮せずにどうぞ♪

「桜咲く」のはいつ?

今年は秋葉まつりが終わってからが寒かったです。
新聞によると、冷え込むはずの1月が冷え込まず、
2月に入って寒かったので、桜の開花は全国的に遅れるとのことです。
開花予報では一番乗りが高知!
でも3月26日が開花予報日。
いつもなら20日、21日あたりには咲くのでやっぱり遅いですね。

去年のブログを見ると・・・
一昨年の大崎の桜がなんと10日。もう過ぎてる・・・
市川家のしだれ桜が19日開花。
去年は大崎の桜が15日。
市川家のしだれ桜が22日。

今年は大崎の桜のつぼみもまだまだ硬いです。
ここ数日異様な陽気になりましたが、咲くまでにはまだしばらくかかりそう。
やっぱり開花宣言は26日ごろなのかな・・・

ということは、によど雑木団のお花見ツアーも4月に入ってからになりそうです。
ちょうど、例の宴と、ぼっちりかも・・・(^^)

まるごと情報市

あす、13日(木)の18:10からの番組
「高知まるごと情報市」(NHK高知放送局)で
秋葉まつりが取り上げられるそうです。

県内在住の方はぜひご覧ください。

仕上げ 突き上げ 打ち上げ

大祭の翌日は昼頃から各部落ごとに集会所に集まって衣装の片づけ。
きれいにたたんで、泥を落として、汚れのひどいものはクリーニングに、
洗濯機で洗えるものは持ち帰ります。
ちょっとしたほつれは、その場で女性たちが裁縫道具を持ち込んで
直していたりもします。

夕方からは打ち上げ。
沢渡組では「仕上げ」、本村組では「突き上げ」、
霧之窪組は特に呼び名はないようで「打ち上げ」。
子どもたちの保護者さんも参加してにぎやかです。
沢渡組と本村組では、あまった踊り棒やミニサイハラ、
油売りや音頭が持ち歩いた棒(名前、なんて言うんでしょうか?)などが
競りにかけられます。
寄付の意味もあるので、すごい値段が付いてかなりおもしろいです。
私はここ数年、沢渡組へおじゃましているのですが、
今年の一番はこれ。
kyarameru

子どものおやつの余り。
12粒入りの箱が10箱で6,000円。
お買い上げは小野幸郎さんでした!
写真はその超高級キャラメル10箱のうちのひと箱。
ひと箱600円也(笑)。
ちなみに前日私が霧之窪でもらった榊、沢渡組で昨年、一昨年とご購入の
新油売りNさん、1万円は超えてました(笑)。
でも今年は2千円ぐらい?(笑)

さて、団長にとっての秋葉まつりはこれが締め。
今年もつつがなく、終了です。


え?あの例の続き?
実は写真現像してないんです(笑)。
フィルムなくなって、S@ORIちゃんにもらって、
36枚撮り10枚ぐらいしか撮ってないからもったいなくて(笑)。
はい、ただのケチです。
そのうちみんなぁが忘れた頃にアップしよっと~♪

お祭りの後は

今年も霧之窪組について、霧之窪へ上がりました。
今年は暖かかったので夕方になってもあまりつらくありません。

みんなは集会所で着替え。
私は外で待っていたのですが、こんなものもらってしまいました。
ラッキー(^^)
sakaki

のてっぺんについていた榊の枝です。
まだうちで青々してますよ。
神棚がないのでミニコンポのステレオの上でごめんなさい(笑)。

そのあとは霧之窪のおうちを回りました。
神祭(じんさい)です。
おうちの中には皿鉢料理などがならび、どんどんお酒がつがれます。
「おじゃましま~す」と勝手に上がり込み、勝手に食べて勝手に飲みます。
適当なところで腰を上げ、「ごちそうさま~」と失礼して
隣の家に上がり込む・・・というのが高知の神祭。
おうちの方はだいたい女性がお酒を足したり、帰った客の皿を片付けたり。
男性は「まぁまぁ」と客を呼び入れてお酒の相手をします。
男性か女性か、どちらが大変か微妙なところです(笑)。
もてなす方は大変で、お金もかかるし、
最近はやめてしまう地域が多くなりました。

別枝は秋葉まつりの日が神祭。
本村や岩屋など、練りの通る場所の家は大変で、
朝から晩までお客が出たり入ったり。
でも、それが習わし。当たり前と思ってしまえば当たり前なのかも。

え~っと、話は元に戻って、霧之窪。
あちこちで「今年の祭りもよかったねぇ」から始まり、
「今年は○○でどうしようかと思うた」などの裏話も飛び出します。
私もいろんなお話が聞けるので、いつも楽しみにしています。

霧之窪でゆっくりしたあとは大石家へ。
もうすでに8時ぐらいでしたが、まだまだ大賑わい。
みんな真っ赤な顔して飲んでしゃべって飲んでしゃべって・・・(笑)
けっきょく私も11時ぐらいまで。
霧之窪の鳥毛さんと本村の悪魔さんを森地区まで送り届けて帰ってきました。
疲れましたが、祭り関係者の皆さんはもっとお疲れ。
本当にお疲れ様でした!

(続)鳥毛 2008 

さて、本村組は2年目のコンビ。
torike08-9

下方洋平くんは体が柔らかくてびっくりです。
ひねりのうまさ、霧之窪組のりきくんに匹敵するかも。
光一くんも相変わらず上手でした!
torike08-7

torike08-8

って、そつない本村組の鳥毛。
頼りがないのは元気な証拠、話題がないのも安定感の証?
来年は光一くん特集をやりますき、お楽しみに♪

沢渡組は片岡太智くんが投げ納めでした。
torike08-4

5年間、お疲れ様です。
来年は悪魔かな?

振り返ってみると、によど雑木団が初めて
秋葉まつりに参加するようになった年に、太智くんも鳥毛一年目でした。
お通夜で緊張しきりの太智くんをみんなで励ましたのが懐かしい思い出です。
二年目もかなりピリピリ。
三年目になって、相方が岸本憲明くんになると、
鳥毛の先輩として、「僕が緊張してたら、憲明が不安になるろう」と
平気なふりをしていましたが、毎年前夜はほとんど寝れないとか(笑)。

子どもの頃から鳥毛をやるのはみんなぁの夢。
「一緒にやりたいな、と話した友だちとできて幸せ」
と言っていた二人のコンビも今年が最後でした。
さてさて、来年はどうやら岸本兄弟の鳥毛が見れそうですよ!
torike08-5

torike08-6

兄弟だけに、息のあった鳥毛ひねりを見せてくれることでしょう!
期待しちゅうきね(^^)

ちなみに憲明くんは昨年、高知市から仁淀川町に住まいを移しました。
お仕事も町内で。
仁淀生活、存分に楽しんでいるようです。

余談ですが、S@ORIちゃんの写真、お借りしました。
ありがとう。
やっぱり自分の写真だけじゃぁ、なかなか難しいですねぇ。

鳥毛 2008

さて、皆さんお待ちかねの鳥毛です!

今年も去年とほぼ同じメンバーでした。
違ったのは今年先遣り(先頭)だった霧之窪組。
torike08-2

内田智仁(のりひと)くん、
一昨年デビュー、昨年は足を痛めて欠場、今年復帰しました。
が、この霧之窪組鳥毛、今年は大問題・・・(^^;)

のりくんは一昨年、横棒(秋葉神社下の道路)で足がつり、
秋葉神社境内では復活したものの、
横棒は付いていた吉村さんが羽織袴&下駄で代役をこなすハプニングが。
そして今年もならし(練習)からつりまくり。
足だけでなく、手(しかも親指の付け根)までつったらしいです(^^;)ォィォィ
今年もこりゃいつどうなるかわからんぞ、とみんなピリピリ。

しかも相方の藤原力雄くん、こちらは肋間神経痛。
torike08-3

何をしても痛い、寝れん、というわけで、
これまたいつどうなるやら・・・
霧之窪組内では二人とも途中リタイヤ、交代、という
サイアクの事態も想定されていました。

しかし、やりきりました!
さらに終わった後の涙が感動を誘いましたねぇ~
のりくん、りきくん、本当にお疲れ様!
ちなみに、お堂まわりで記念写真を撮ろうとしたものの、この顔(笑)。
torike08-1

「せっかくやき、笑ろうてや!」と言ったら、
りきくん、「笑えん・・・痛い・・・」
っていうか、なんなが、この顔(笑)。

さて、やっと終わった、無事すんでよかった、やれやれ。
「もうしんどいろう」
のりくん「いや、あと10回は行けます!」
「ほなやれや」
のりくん・りきくん「・・・?!」
そう、まだ続きはあったのです・・・
(でもこの続きはまた今度・笑)

さてさて、続きはお楽しみに取っておいて、本当(?)に終わった後、
いつも帰りは霧之窪まで歩いて帰るのですが、
りきくんは鳥毛をよう持たず、途中まで私がのりくんと持ってました(^^;)
そして途中でこの有様・・・大丈夫?????大丈夫じゃないってね。
riki08

でも、このあとタツヤさんが「すぐ迎えに来るから」と車で通り過ぎると、
「いかん!走るぞ!!」(意味不明)と、二人して駆け上がっていきました・・・
さすがい○り会長です、とことん無謀です(笑)。

二人とも、来年は万全でお願いします。
みんなぁが安心して見れるようにしてや~
今年は見れなかった、りきくん本来のひねりを楽しみにしてますき。

別枝地域づくり座談会 5

昨日は地域づくり座談会でした。
今回は大詰めに入っていることもあって、
会の名前や、組織の役割、役員を決める重要な会でした。

さて、役員のところでちょっと問題が。
会長は全員一致でNさんが推薦に挙がったのですが、
ご本人はやる気は十分なものの、多忙なのでと固辞。

まじめなNさんのこと、引き受けるからにはちゃんとやらないと、
という思いはよくわかるのですが、
でも、会長って本当に大事なんですよね。

私もグァテマラ支援の団体の事務局をしていますが、
その団体の代表が任期途中で失業し、
そんなことをしている場合じゃないという状況に。
でもやっぱり、代表というのは、この人が代表ならこの会を応援したい、
という気持ちを束ねる重要な役職なのです。
だから、代表には代表を続けてもらい、会の運営には一切関わらず、
最終確認だけしてもらうという形で現在も続いています。
だからぜひ、Nさんには会長を引き受けてもらって、
みんなぁで支えて、Nさんの負担にならないようにしていけば
良いと思います。
そしてもちろん、Nさんにやってくれんろうかと言った全員が
そのつもりですき(^^)

来月には会のパンフレットができ、会員の募集が始まります。
会長職にNさんの名前があれば、
地区の人も、地区外にいて会に興味のある人も、
「Nさんが会長なら入ってみろうか」と思うに違いありません。

春になったら会が動き出します。
みんなぁ口には出しませんが、
これが別枝が生き残る最後の賭けだと覚悟しています。
その胸一杯の気持ちが会場に充ち満ちた2時間半でした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。