秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前日となりました。

沢渡組のお通夜の風景

【写真:沢渡組のお通夜の風景】

 今日はご神体が市川家に移られるほか、各練り奉納組では衣装合わせが行われます。夜は「お通夜」と呼ばれる宴があります。
 衣装合わせのあとは、衣装を着たまま各地区の氏神様でひと通り踊ります。これを「お宮参り」と言います。沢渡組は三島神社、本村組は中越家、霧之窪組は春日神社でしたが、最近は地区の道路上で行っています。
 子どもたちが帰ったあとは、各地区ごとに宴会が始まります。この宴会を「お通夜」と言い、その昔は文字通り朝まで飲んで祭りに出かけていったそうです。最近は過疎化・高齢化のため、「お通夜」と呼ばれる宴会が残っているのは、沢渡地区だけとなっています。

 「お通夜」では、一時すると太鼓や笛のなどの鳴り物が鳴り出し、子どもの頃から秋葉まつりに参加している大人たちが、子どもの踊りを踊ったり、鳴り物をやったり、ほら貝を吹いたり、油売りに扮してお神楽を舞ったりします。子どもの頃の記憶を頼りに、久しぶりに若いしが踊ると、「そこ違うぞ!」と先輩たちから指導される羽目になります。座って飲んでいる人たちも、話題は秋葉まつりのことだけ。昔の話から今年の準備、明日のことまで、じっくり語り合います。
 このお通夜という場が祭りの伝承に大きく貢献しています。そしてまた、本番を明日にひかえて高まる緊張をほぐす役割も果たしているのでしょう。でも、これのおかげでみんな二日酔いのまま祭りに突入するのも、また事実です(笑)。

 さて、今晩から私も別枝入りします。ブログ更新もできませんので、当日のご報告は少々お待ちください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akibamatsuri.blog93.fc2.com/tb.php/14-9938c24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。