秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コモノいろいろ

秋葉まつりには欠かせないものがいろいろありますが、
例えばこのしめ縄飾り。
しめ縄

お社をぐるーっと回って鳥居まで、
その長さなんと30m
地区の方が作っていらっしゃるそうです。
すごいなぁ・・・

今年も売れ行き絶好調、わらじのお守り
わらじのお守り

300個作ったうちの250個ほど売れたそうです。
1個作るのに約40分かかるそう。
40分×300個=200時間・・・
ああ、もう、幸三さんホンマにえらい!

そして今年の新顔、ミニかぶと。
本物そっくり、丸秋は純銀製です。
五月人形の代わりにいかがでしょう?
miniかぶと

お値段5万円。
でも材料費3万円。神社に寄進分1万円。
手間賃1万円・・・どう考えても赤字(笑)。
でもいいんですって、お祭りを応援したいから。
もちろん作成者は今年新しい兜(かぶと)を作ってくれた皆さん
まだ霧之窪組バージョンしかありませんが、
これから本村組や沢渡組のも作る予定だそうです。

秋葉まつりはこうやってたくさんの人に愛され、支えられています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。