秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥毛 2008

さて、皆さんお待ちかねの鳥毛です!

今年も去年とほぼ同じメンバーでした。
違ったのは今年先遣り(先頭)だった霧之窪組。
torike08-2

内田智仁(のりひと)くん、
一昨年デビュー、昨年は足を痛めて欠場、今年復帰しました。
が、この霧之窪組鳥毛、今年は大問題・・・(^^;)

のりくんは一昨年、横棒(秋葉神社下の道路)で足がつり、
秋葉神社境内では復活したものの、
横棒は付いていた吉村さんが羽織袴&下駄で代役をこなすハプニングが。
そして今年もならし(練習)からつりまくり。
足だけでなく、手(しかも親指の付け根)までつったらしいです(^^;)ォィォィ
今年もこりゃいつどうなるかわからんぞ、とみんなピリピリ。

しかも相方の藤原力雄くん、こちらは肋間神経痛。
torike08-3

何をしても痛い、寝れん、というわけで、
これまたいつどうなるやら・・・
霧之窪組内では二人とも途中リタイヤ、交代、という
サイアクの事態も想定されていました。

しかし、やりきりました!
さらに終わった後の涙が感動を誘いましたねぇ~
のりくん、りきくん、本当にお疲れ様!
ちなみに、お堂まわりで記念写真を撮ろうとしたものの、この顔(笑)。
torike08-1

「せっかくやき、笑ろうてや!」と言ったら、
りきくん、「笑えん・・・痛い・・・」
っていうか、なんなが、この顔(笑)。

さて、やっと終わった、無事すんでよかった、やれやれ。
「もうしんどいろう」
のりくん「いや、あと10回は行けます!」
「ほなやれや」
のりくん・りきくん「・・・?!」
そう、まだ続きはあったのです・・・
(でもこの続きはまた今度・笑)

さてさて、続きはお楽しみに取っておいて、本当(?)に終わった後、
いつも帰りは霧之窪まで歩いて帰るのですが、
りきくんは鳥毛をよう持たず、途中まで私がのりくんと持ってました(^^;)
そして途中でこの有様・・・大丈夫?????大丈夫じゃないってね。
riki08

でも、このあとタツヤさんが「すぐ迎えに来るから」と車で通り過ぎると、
「いかん!走るぞ!!」(意味不明)と、二人して駆け上がっていきました・・・
さすがい○り会長です、とことん無謀です(笑)。

二人とも、来年は万全でお願いします。
みんなぁが安心して見れるようにしてや~
今年は見れなかった、りきくん本来のひねりを楽しみにしてますき。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。