秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中越家 見頃

日曜日は雨予報でしたが、前日に晴れ予報に変わり、
一日すばらしい快晴となりました。
nakagoshi08-04

この日は秋葉神社の関係の会があり、
そっちにも女性たちがまかないに行かなければいけないということで、
お手伝いを頼まれていました。
というわけで、ぜいたくにもしだれ桜の前に一日居座っていました(^^)

たくさんの知り合いに会ってお話ができて、楽しかったです。
前日一緒に飲んでいた人もたくさん来ていました(^^)
nakagoshi08-03

売店はいつもの通り大盛況で、お昼前にお寿司や炊き込みご飯が完売。
急遽、追加で炊いた炊き込みご飯も売り切れとなりました。
用意した田楽(豆腐、こんにゃく、里芋、ジャガイモ)も完売御礼。
暑かったので農協のペットボトル茶「お茶姫ちゃん」もよく売れました。
地元の女性たちの手作りの味噌や干し大根も完売しました。
そして焼きたてのいりもちも大人気でした。
ここ一週間、毎日毎日女性たちは朝から晩まで大忙し。
今日は雨になったので、いい休養になったのではないかと思います。
中越家のしだれ桜はまだ8~9部咲きだったので、
この雨でもそんなに散っていないはず。
もうしばらく忙しい日々が続きそうです。
がんばってください!!

ちなみに市川家は散り始め。
ichikawa08-04

今日の雨でだいぶ散ってしまったかもしれません。
でも、ピンクに染まった地面もきれいですよ、きっと(^^)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。