秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[お神輿②] 初めてお神輿をやってみて

輿守さん

【写真:祭りを見守る輿守さんたち】

 祭り終了後、初めてお神輿を担いだ7人のうち、2人にお話をうかがう機会がありました。

 初めて参加した旧仁淀村のNさんは、「初めてだったので要領がわからず大変でした。でもまた来年もやりたい。来年はもっと体力をつけて準備万端でやりたいと思います。」と語ってくれました。
 旧池川町から初参加したTさんは、「祭り前日までは、輿守に誘ってもらった職場の上司から、『神輿は300kg、いや、1トンはあるぞ』(実際は130kgだそうです。)とか『担いだ次の日は肩がぼっこり腫れるぞ』など、さんざん脅されていましたので、かなり不安になっておりました。当日になり岩屋神社での最初のキョウサーでは不安が的中し、これほど揺さぶると、とても最後まで肩がもたないと恐怖を覚えました。しかし、徐々にコツをつかみ慣れていき、最後の秋葉神社が終わると達成感が生まれました。また、せっかく慣れてきたのに、もう終わり?という気持ちもありました。来年またやるか?と言われれば、やりたいなぁという気持ちが強いです。」と感想を寄せてくださいました。

 どちらも来年もやってくれそうですね!楽しみにしています!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akibamatsuri.blog93.fc2.com/tb.php/29-d71cdb85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。