秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出たて(沢渡組)

前日は毎年のごとく沢渡組のお通夜(前夜祭)に参加し、下の集会所に泊まって、翌朝の大祭当日は沢渡組とともに岩屋神社へ向かいました。今年は前日早めに引き上げたため(?)、4年目にして初めて朝ご飯が食べられました・・・(いつも二日酔いで食べられない・笑)

沢渡の出たて

出発の儀式を終え、悪魔を先頭に出発、「出たて」が始まります。「出たて」とは、各組出発の際に、一度ひと通りの踊りと鳥毛ひねりをすることです。

沢渡の出たて2

川沿いで風の吹きぬける沢渡では、毎年強風の「出たて」で鳥毛も苦労します。

沢渡の出たて3

踊り子も準備万端で練習の成果を存分に発揮!

幸郎さん

前保存会会長で沢渡組、というか、秋葉まつりに欠かせない、小野幸郎さんも紋付袴で練りに加わります。幸郎さんファンとしては、今年も元気に練りに加わる幸郎さんを見るだけで幸せです!
(^0^)

ゆいちゃん

あ、アイドル発見!お兄ちゃんの活躍、しっかり見届けてよ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akibamatsuri.blog93.fc2.com/tb.php/38-624ea0d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。