秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶畑を引き継ぐ

茶摘み(茶試)

【写真:茶摘みの様子(高知県農業技術センター茶業試験場)】

 過疎化高齢化で秋葉まつりも年々厳しくなっていますが、お茶の生産も厳しくなりつつあります。

 平成14年に高知新聞では仁淀川流域の特集をしました。人々の思い、厳しい現実、夢・・・ その中で別枝沢渡のお茶も取り上げられました。(仁淀川 夏へ -4-)記事に出てくる岸本宝栄さんは、今年沢渡組の鳥毛を務めた岸本憲明くんのおじいさんです。
 岸本さんは今年も新しいチャの木を植えました。まだまだお元気。いろいろ大変なこともありますが、お茶に対する情熱は秋葉まつり同様、変わっていません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akibamatsuri.blog93.fc2.com/tb.php/51-68507278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。