秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りの花形「鳥毛(とりけ)ひねり」

本村組の鳥毛
【写真:本村組の鳥毛ひねり】

 「鳥毛ひねり」は2人1組の「若いし」(若者)が、火事装束を着て踊りながら、約6.5メートルのヒノキの丸棒の先に、東天紅(鶏の一種)の尾羽を飾ったカブトをつけた「鳥毛」を十数メートル離れた相手と投げ合うというものです。
 踊り子(子どもたち)、鳴り物(お囃子)、悪魔(鬼面)、油売り(道化役の商人)などの役は「練り奉納組」である3部落(沢渡組・本村組・霧之窪組)それぞれにおり、鳥毛も同様です。衣装と鳥毛を見れば一目でわかるのですが、

 衣装の襟などが青、鳥毛の房が紫 「霧之窪組」
 衣装の襟などが赤、鳥毛の房も赤 「本村組」
 衣装の襟などが金、鳥毛の房が白 「沢渡組」

です。

 鳥毛に使うヒノキの棒は柾目で作らないと折れてしまうため、樹齢が百年を超える大木から削り出す必要があり、値段はあってないようなものだそうです。少なくとも1本が数十万円単位です。柾目で作ったといっても普通のヒノキの棒ですから、投げられた鳥毛の受け方を失敗すると簡単に折れてしまいます。練習に練習を重ねても、難しい技を必要とする鳥毛は、時に折れてしまうことがあり、常に何本かストックしてあります。
 その長い鳥毛を投げ合うのは、もちろん非常に難しいそうです。何しろ6.5メートルの棒の上に4キロもあるカブトがのっているのを、棒がほぼ垂直に飛ぶようになげなければいけません。しかも鳥毛は「鳥毛ひねり」と呼ばれるように、全身をひねるように踊りながら投げ合います。従って2人の息を合わせ、踊りもしっかりできないとタイミングが合わないのです。
 「たくり」と呼ばれる長い帯布を頭から垂らし、それをなびかせながら空を舞う鷹のようにひねる踊りとその妙技に、見る者は思わずため息と拍手。まさに祭りの花形です。

 鳥毛のことをもっと詳しく知りたい方は、「秋葉まつりホーム」の「鳥毛」をご覧ください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akibamatsuri.blog93.fc2.com/tb.php/8-2dc9ba7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。