秋葉まつり

高知県の山の中、仁淀川町別枝で200余年続く秋葉神社の大祭をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お守りセット

ミニサイハラ作り

【写真:(上)ミニサイハラづくり (下)できあがったミニサイハラ】

 秋葉神社祭礼練り保存会では、毎年この時期になると、「お守りセット」を販売しています。セットの内容は、お守りの他、180ミリリットル入りのお神酒と杯、「秋」印の入ったせんべい、大祭で使われる飾り棒「サイハラ」のミニチュアである「ミニサイハラ」などです。1セット3000円(送料込)です。(値上げがなければ?!)
 お守りセットは毎年の例で行くと、2月頭くらいまで申込を受け付け、お祭り後にゆうパックにて発送になります。

 このお守りセットを作るために、保存会では沢渡地区にお願いして、毎年たくさんのミニサイハラを約1週間かけて、ひとつひとつ手づくりで作り上げます。一昨年は500本、去年は600本、そして今年は700本!!(ただしうち100本は当日油売りが売り歩く分です。)「毎年増えますね」と言ったら、前保存会長の小野幸郎さん(83)はひとしきり笑って、「ねぇ!」とひと言。今年もいっぱいやりながらがんばりますか!私もにぎやかな女性陣に囲まれた作業を毎年楽しみにしています。それと、何より幸郎さんとの終了後の一杯がたまりません(笑)。

 このお守りセットは、年がいったり、遠方に住んでいてお祭りに来られない方や、愛媛県の信者の方など、多くの方が毎年購入してくださいます。秋葉様の防火の効果は絶大と言われ、非常に大切にされています。
 申込は秋葉神社祭礼練り保存会の谷脇さん(0889-32-1209)まで。売上げは保存会の活動費となり、お祭りを支えています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akibamatsuri.blog93.fc2.com/tb.php/86-185388b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。